世界一の料理大学CIAから博多へ〜世界に羽ばたく未来のシャフ達30名〜

2017.9.25
ニュース

初めての博多料理に・・・

去る9月2日、焼とりの八兵衛Bekkanに「世界一の料理大学」と言われるCIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)の生徒さんが研修旅行の一環でいらっしゃいました。

10日間の日程で、東京・三重・京都・福岡・大阪などを回られ、オテルド・ドゥ・ミクニさんなど日本を代表するレストランや、蔵元、市場などをそれぞれの地域で回られています。

福岡では弊店の他、一風堂さん、クックチャムプラスシーさん、レストラン茅乃舎さん、中州屋台、姪浜の朝市などを見学されておられます。

 

この日Bekkanでの夕食会は30余名様で貸切で行われ、弊社八島によるご挨拶、日本酒のサーブからスタートしました。

会食中も八島や同行されている中村学園の中村校長の説明を大変興味深く聞き入っておられました。

 

料理の方はどれも美味しそうに召し上がっておられました。

中でも胡麻サバや、すき焼き串、明太子は初めての方がほとんどの様で、とても珍しそうに、美味しそうに召し上がられていました。

一生目懸命に写真を撮れる姿も印象的でした。

 

 

CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)

CIA(カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ)は、1946年コネティカット州にThe New Haven Restaurant Instituteとして設立され現在は、

ニューヨーク本校、グレイストーン分校(カリフォルニア州セントヘレナ・ナパバレー)、サンアントニオ分校(テキサス州サンアントニオ)、シンガポール分校があります。

ニューヨーク本校は料理専門の教育機関では、世界唯一の4年制学位を取得できる寄宿舎を備えた学校で約3,000人の生徒が学んでおられます。

今回はニューヨーク本校から約30名の生徒さんがいらっしゃいました。

https://www.ciachef.edu/

 

日本ホスピタリティーの祖、力石寛夫先生

左:CIA副学長グレッグ・ドレーシャー氏、中:力石寛夫先生・右:弊社八島

今回の研修旅行は日本ホスピタリティーの祖と言われている、トーマス・アンド・チカライシ株式会社の力石寛夫先生のコディネートで行われていました。

1997年出版の著書「ホスピタリティサービスの原点」はベストセラーとなり、今でも多くの企業において研修テキストとして活用されています。

弊社と力石先生との出会いは、2010年10月に開催された国際会議「Worlds of Flavor(WOF)」の日本総事務局長を力石先生が務められた時からになります。

 

WOFとは毎年テーマを決め、プロの料理人を対象にしたCIAが主催する国際会議で、3日間の通しチケットは1000ドル〜1200ドルと高価ながら、世界の食トレンドの最先端を学べる場として定着しており、毎年すぐに完売することで知られています。

この年のテーマは「Japan : Flavors of Culture」

http://soulofjapan.net/about.html

このカンファレンスの実施にあたって、日本からは古典からモダンまで業界屈指の料理人が選抜され、“チーム・オブ・ジャパン”として3日間に渡り、世界中のプロの料理人に向けて「日本食の何たるか」をデモンストレーションいたしました。

その“チーム・オブ・ジャパン”の一人に、弊社八島もご選出いただきました。

http://www.chikaraishi.com/

 

世界に羽ばたくシェフを博多から

博多の料理を説明する中村哲校長

今回の九州地区の研修では、中村学園の中村哲校長もご尽力されておられます。

中村学園様は、「世界で活躍するプロフェッショナルをつくる」という教育理念のもと、現在までに8人ものミシュランシェフを輩出されています。

先日8月11日には同校卒業生でパリでご活躍中のレストランSolaのシェフ吉武広樹さんをお招きして、八兵衛Bekkanにて「Parisシェフ達の夏休み2017」という料理イベントを開催させていただきました。

http://hachibei.com/?p=12161

中村学園様の教育理念には弊社としましても強く共感するところで、この博多の地から世界へ羽ばたく人材育成に弊社も微力ながらご協力できればと思っております。

今後も様々な場面でご協力させていただければ幸いです。

世界に羽ばたくシェフ、そしてお店が博多から生まれていく事を心より願っております。

http://www.nakamura-s.com/chori/

 

CIAの皆様、力石先生、中村学園様、この度は誠にありがとうございました。

世界に羽ばたく未来のシェフ達のご活躍を、心よりお祈り申し上げます!